人事労務管理の現状
人事労務管理の現状


 人的資源として企業に貢献しているのがそこで働く社員たちです。

そんな経営活動の要である「人」に関わる労務管理にスポットを当ててご説明いたします。

人事労務管理とは

 円滑かつ安定した経営を続けていくためには、労働力となる人材の管理が必要不可欠です。その管理体制のことを「人事労務管理」と呼びます。具体的には、労働時間や休日、有給休暇、福利厚生、人事異動などが該当します。

人事労務管理は、人材の確保・人材育成・労働条件の明確化・組織のモチベーション向上などにより経営目標を達成するための体制を整えることを目的としています。
また、近年では労務リスクの対策やコンプライアンスなどの観点からも重要視されています。

雇用形態が変わりつつある現状

 古くから継続していた日本独自の雇用形態は、多様化する現代のビジネス社会で大きく変貌を遂げています。以前はどこの企業でも終身雇用制度や年功序列制度が導入されており、これらの制度によって多くの社員が恩恵を受けてきました。

しかし現代では、成果型や階層型の雇用形態へシフトしている企業が増えてきていますし、政府もダイバーシティなどとして多様な働き方を推進しています。
このような労働環境の移り変わりに伴い、働く側の意識も大きく変化し、優秀な人材の流動化や非正規雇用の増加などが問題視されているのです。

人事や労務の環境はいまだにめまぐるしく変わっていて、労務関連法の改正も毎年のように行われています。

そのような背景から、企業独自で労務環境に対応できる体制を整えることが難しくなっています。その結果、賃金問題や雇用問題などの様々なトラブルを招いて多大な損害を受けてしまう企業が次々と出てきているのです。


このような状況に陥らないためにも、人事労務管理の体制を社労士と共に見直しましょう。大阪府近郊で人事労務に関するご相談でしたら、当事務所にお任せください。
人事労務のコンサルティングはもちろん、就業規則の作成や労働保険・社会保険の手続き、給与計算代行業務なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問合せ
田村博 社会保険労務士事務所
〒560-0085
大阪府豊中市上新田1-24
TEL:06-6319-9572
FAX:06-6319-9572