労務アドバイザリー

 
年々労務管理が複雑化する要因は法改正が頻繁に行われることと、個々の事案に応じた労務管理に複数の答えが有ることです。自社の状況に応じて常にベターな選択を決断することが労務管理では重要です。弊所では従業員数1名のクライアントから従業員数数千名のクライアントまで労務アドバイザリー契約を締結し、採用、退職、賃金、労働時間、労働災害をはじめとする労務に関する問題解決のサポートを行っており、圧倒的な事例を基にクライアントから寄せられるあらゆる問題に解決案を提示することが可能です。
労務アドバイザリーは、原則として電話又はメールで対応させていただきます。訪問を希望されるクライアントには、一定期間ごとに訪問させていただくことも可能です。
労務管理は、「未然対策」が重要です。弊所では、気軽に相談できる「人事労務の駆け込み寺」をモットーに企業のかかりつけ社労士として企業の発展のサポートをお手伝いさせていただきます。


  活用例

  • 人事部の機能強化のための外部相談ツールとしての役割
  • 社内の労務管理に関する「選択」→「決定」時のセカンドオピニオンとしての役割
  • 法改正をはじめとするタイムリーな労務関連情報の収集ツールとしての役割
            お問合せ
社会保険労務士事務所
ネクサス労務コンサルティング

〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀1丁目
4番9号 京町橋八千代ビル7階
TEL:06-6479-0075
FAX:06-6479-0076
メールでのお問合せ